新郎新婦

人生の晴れ舞台の結婚式!衣装はレンタルで好きなものを

友人への報告会

乾杯

結婚式の日程を決めたら

結婚式の日程を決めたら、次は二次会の設定をしましょう。式に親戚もしくは親しい友人までを招待した場合、招待しなかった友人への報告会として結婚式の二次会を行うのが一般的です。二次会の考え方として、もともとは友人が新郎新婦を祝う為に自主的に開催してくれるものでしたが、最近では新郎新婦が友人に幹事をお願いし、報告会という形で実施する場合も増えてきています。また、幹事を友人にお願いせず、お金を払ってプロに任せるという方法もあります。二次会を行う場合はまず上記のどのパターンでやるのかを決めましょう。どのパターンを選ぶかは、交友関係とどの程度の規模で行うのか、幹事を引き受けてくれるような友人がいるのか…等から判断します。特に、幹事の選び方を間違えると、二次会の準備が全く出来ていないまま時間が過ぎて行ってしまうこともありますので、慎重に選ぶ必要があります。今回は友人に幹事をお願いするパターンについて紹介したいと思います。

全体の流れ

友人に幹事をお願いすることを決めた場合、連絡する前にやるべきことがあります。それは、日時と場所、招待人数、予算を決めることです。日時については結婚式直後に行うのか、日を置いて行うのかという場合が考えれます。また、場所についても新郎新婦の好みが出るものですので、しっかり決めてからお願いしましょう。場所を選ぶ際はあらかじめ予定している招待人数で見積もりをとっておき、それをふまえた上で全体の予算を決めましょう。予算については初めの段階でざっくり決めたものに対して幹事と相談し、必要に応じて変更しましょう。ここまで来たら、あとは親しい友人に幹事を依頼します。新郎新婦のどちら側であっても構いませんが、信用に足る人物を選ぶことはいうまでもありません。また、その際二次会で新郎新婦が外せない希望がある場合はしっかり伝えましょう。この後について、基本的には幹事と会場でやりとりをしてもらい、二次会の準備を進めてもらうのですが、幹事側に完全に丸投げせず、コミュニケーションを定期的に取るようにしましょう。