新郎新婦

人生の晴れ舞台の結婚式!衣装はレンタルで好きなものを

選択肢を広げましょう

撮影

依頼する方法

結婚式や披露宴を執り行なうときには、写真や動画を撮影して思い出に残す新郎新婦がほとんどです。多くの場合、結婚式を行なうときにはブライダル業者に全面的にサポートを依頼します。その際に写真や動画についても提携している業者を紹介してもらい、そこに依頼する流れになります。結婚式や披露宴のときにどんな写真や動画を撮影してもらいたいのかを事前にカメラマンと会話をします。また、写真の枚数や動画の長さには幾つかのプランがある場合が多いので、予算や希望に応じて事前にプランの選択もすることになります。希望に応じてモノクロやセピア色で編集をしてもらえる業者もあります。動画に関しては一緒に流すBGMを選べる場合もあります。

外注も視野に入れましょう

結婚式の写真や動画を外注で依頼することもできます。自分で調べて、その業者とやりとりをすることになるので時間と手間が掛かります。しかし外注することで業者に支払う費用を削減できたり、自分達の理想に近い写真や動画を残すことができるかも知れません。しかし、外注することによって結婚式会場に外注料を支払わなければいけないケースも少なくありません。ブライダル業者の担当者に事前に相談して、どの程度の費用が発生するのか、またどれくらい時間に余裕を持って外注業者を決めなければいけないのかを確認する必要があります。依頼する業者によって、かなり仕上がりのイメージは異なるので、満足できる写真や動画を残すために多くの選択肢を視野に入れたいものです。